まいど、おおきに

 2015-12-18

Mさん、いつも、いつも、ありがとう。
ございます。
スポンサーサイト
カテゴリ :MUSIC トラックバック(0) コメント(-)

bass man

 2014-08-23

おはようございます

こちら京都、昨日の雨で蒸し暑くなっております。



昨日の写真ですが、スケーターベースマンが現れてくれてました。

黙々と練習してました
カテゴリ :MUSIC トラックバック(0) コメント(-)

残念ですが…

 2014-01-08

おはようございます、担当ですm(_ _)m
今朝のNEWSでご存知の方も多いと思いますが、歌手のやしきたかじんさん亡くなりましたねぇ
テレビでは、豪快かつ繊細なしゃべりなのに唄の時はイイ声~でCDの録音も良くハイファイオーディオで聴いてもいい感じぃ~な方でしたねぇ~

兼ねてから闘病されてましたが残念ですね
我が家では、右翼番組?って言って何時も楽しんで見ていた読売テレビの そこまで言って委員会!復帰を楽しみにしてたんですけどねぇ~

今日は、久しぶりに名作のあんた や、ichizu聴いてたかじんさんを偲びますかぁm(_ _)m
カテゴリ :MUSIC トラックバック(0) コメント(-)

Mr'335 Larry Carlton!!

 2010-01-27
65dda21d.jpg

どもどもぉ~毎度です!

最近古いCDを引っ張り出しては試聴してる担当です( ̄ー☆キラリーン

で、今日は、ミスター!って言ってもチョウさん事?長嶋サンではなくてぇ~
ミスター335!ラリーカールトンについて少し書きたいと思いますですハイ(; ̄ー ̄A アセアセ…

B00129Q1TC_09_LZZZZZZZ.jpg

ラリー・カールトン(Larry Carlton、1948年3月2日 - )はアメリカカリフォルニア州トーランス出身のジャズ・フュージョン界を代表するギタリストの一人



 6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代にはブルース・ギタリストであるB.B.キングやジャズ・サックス奏者のジョン・コルトレーンに影響を受け、ジャズを演奏し始める。スリム・エドワーズやジョー・パスに師事を受けた。1966年から1968年までL.A.ハーバー・カレッジ、1968年から1970年をロングビーチ州立大学で音楽を専攻した。サンディエゴで開かれた南カリフォルニア・ビッグ・バンド・コンテストで最優秀ソロイスト賞を受賞し、1968年にファースト・アルバムWith a Little Help from My Friends をリリース。その後もソロでの経歴を重ね、1971年から1976年までジャズ・ロックグループクルセイダーズに参加する。1977年にはワーナー・ブラザーズ・レコードと契約し、1978年から1984年にかけて、6枚のソロアルバムを制作した。その楽曲と演奏に対し、4つのグラミー賞を受賞している。1970年代にはロサンゼルスでセッション・ミュージシャンとしても活躍し、スティーリー・ダンやジョニ・ミッチェルも含む多数のアルバムに参加している。ローリング・ストーン誌のベスト・ギター・ソロに関する投票では、"Kid Charlemagne"(スティーリー・ダンのアルバム、The Royal Scamに収録)での演奏が第3位に選ばれている。

…Wikipediaより引用


で、なぜ?今になってラリーカールトンなのかといいますと久しぶりに20年ほど前の音源を見つけてきたからなんです

でも現在も、フォープレイ(ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ハービー・メイソン)でラリーはリーリトナーから交替で入り現在も活躍中であるのもご存知ですよねぇ~

Fourplay.jpg

ラリーカールトンと言えばぁその昔、サザンの歌でも出てきましたよね?ってあれはサザンではなく原由子でしたっけぇ?

ラリーカールトンと言えばぁギブソンES-335(1968製)がトレードマークになっており彼のサウンド自体にも多大な影響を与えています!担当も若いころギター少年でして、アルバイトをして同じギターを買って日々レコード鳴らして家で爆音!?出してた事が昨日のようです。残念ながらブギーアンプではなく、フェンダーツインリバーブでしたけどねぇ~w( ̄ー ̄; ヒヤリ
そう言えば京都会館にも行きましたわぁ~今は、吹奏楽くらいしか聴きに行きませんがねぇ~

B00129Q1TC_09_LZZZZZZZ.jpg

でも今になって思えばぁ~その頃から、音楽センスって言いますかぁ~好きな音源ってのがだいたい形成されたような気がします

ラリーカールトン自体は、ジャズ、ブルース系統が濃い目のギタリストなんですが、途中流行りに負けたのか?大流行した数曲のフュージョンの曲が作られました。

51Ym0fyZjFL.jpg

でも、担当少年は、他のハードロック(ヘビメタ)やJPOPにあまり感心が無く彼の影響でジャズ、ブルースの世界にのめり込んでいった気がします…。

でもやはりフュージョンって聴きやすい!=印象に残りにくい!って一面が有るのも事実なんです!

img_897165_26900326_0.jpg

言って見ればぁ~演奏側の満足度!の方が高いかも知れないですねぇ~

おかげで、担当は、どんな曲を聴いても詩はあまり耳に入らないんです( ̄□ ̄;)ギョッ
ですから、アメリカの曲、欧州の曲なんでも聴くようになりました!ただメロディライン重視で、曲を判断しますので、中身が一体どうなってるのか?なぁ~んてあまり気にしないんですがぁ~

タマに、翻訳の歌詞を読むとびっくりする事が有ったりもします!良い感じのメロディやのに詩は、ドロドロの泥沼状態の女性の叫びだったり、幸せそうな感じなのにぃ~悲しい内容だったり(; ̄ー ̄A アセアセ…

でもまぁどうせ英語なんてチンプンカンプン┐( ̄ヘ ̄)┌ ですから、良いんですけどねぇ~

なにか話がそれましたが、ボーカルの声でも楽器のようにしか聴いてない自分が今現在ここにいるのは、ラリーカールトンの影響なんですってお話でした…。

今日は帰ってギターでも弾きますかぁ!♪♪

それでわ彼の代表曲!ルーム335を聴きながらお別れしましょう



そんじゃまた!金曜日にお会いしましょう!サイナラサイナラサイナラヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)oヾ(*^▽^*)o

カテゴリ :MUSIC トラックバック(0) コメント(-)

ビートルズデジタルリマスター盤発売!

 2009-09-12
227.jpg

先日TVやネットでも話題になってましたが、ビートルズのデジタルリマスターCDが発売されました!
以前にも出た事はあるのですが、音質がいまいちでした!

でも今回は、英アビーロードスタジオにて最新技術を投入し4年かけて制作されたそうでファンだけではなく、老若男女の方々に現在のポピュラー音楽の元祖!とも言えるビートルズサウンドをグッドサウンドを体感できるCDになっているようです!1枚ずつでも購入可能ですが、画像のようにフルセットの商品や、DVD付きのBOX、マニア必見のモノラル録音のものまであるようです!

HMVより抜粋~

【全オリジナル・アルバム、CD化以来初のデジタル・リマスター!初期のアルバム4作品が初ステレオCD化】
リマスターはロンドンにあるEMIのアビイ・ロード・スタジオでエンジニアのチームが、4年がかりで行い、最も原音に近いサウンドを実現しました。
CDはいずれもオリジナルUK盤を模したジャケットに包まれ、オリジナルのライナーノーツと解説、そしてレアな写真を収めたブックレット付。又、『パスト・マスターズ』以外の作品は、それぞれのアルバムに関するミニ・ドキュメンタリーをクイックタイムのファイル(CDエキストラ)で収録されます。
さらに、ビートルズの初期のアルバム4枚が、全曲ステレオでCD化されるのは今回が初となります!

【ボックス・セット】
上記14タイトルのステレオ盤は、ドキュメンタリーを収めたDVDつきでボックス・セットとしても発売!

【コレクターのためのモノラル・ボックス・セットも発売】  ※モノラル・ボックス・セットは完売しました
モノラルのリリース用にミックスされたビートルズのレコーディングを集大成した「The Beatles in Mono」も!オリジナル・モノ・ミックスのアルバム10枚と、2枚組の「モノ・マスターズ」(ステレオ盤の「パスト・マスターズ」に対応したアルバム未収録集)で構成され、「ヘルプ!」と「ラバー・ソウル」には未CD化だった1965年版のオリジナル・ステレオ・ミックスもボーナスとして収録

~ここまで


bf92a1909fa02df709f93210_L.jpg

CD販売のけん引役になってくれますかどうか?見所ですね!…あっ!聴きどころかぁ?( ̄ー ̄; ヒヤリ
カテゴリ :MUSIC トラックバック(0) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫